大切な家族の宴を心をこめてお届け お祝い膳の宅配・通販サイト

サイトマップ

お食い初めとは

お食い初め」は、生まれて初めての赤ちゃんのお食事をお祝いする、一生に一度きりの儀式です。

古くは平安時代から行われている、歴史のある伝統行事で、一生、食べることに困らないように、と赤ちゃんの健やかな成長を願います。乳歯がはえ始める、生後100日~120日に行うのが目安ですが、きっちり100日を守らなくても大丈夫です。お祝いをする時期が100日前後であることから、「百日祝い(ももかいわい)」、現代では「100日祝い(ひゃくにちいわい)」とも呼ばれます。実際に食べることはまだできませんので、食べさせる真似をします。

お食い初めでは初めて箸を使ってお魚を食べます。実際に赤ちゃんが使って食べるわけではありませんが、初めて箸を使ってお魚を食べさせる真似をすることから「箸揃え」「箸祝い」「真魚始め」(まなはじめ)と呼ばれる場合もあります。

このように地域によっても色々な呼び方で呼ばれていますが、赤ちゃんが数か月間無事に成長してきたことを家族でお祝いし、感謝するという意味合いは変わりません。
お食い初めは、一生に一度きりのお祝いです。ごちそうを用意して、家族みんなで楽しく思い出に残るお食い初めをしましょう。

お食い初めの歴史

お食い初めの起源や由来は、平安時代に遡るといわれています。平安時代、赤ちゃんにお餅を食べさせる「百日(ももか)」という行事があり、これがお食い初めの始まりといわれています。重湯の中にお餅を入れ、そのお餅を赤ちゃんの口に少しだけ含ませるというものでした。生後50日に行われていたので「五十日(いのか)の祝い」と呼ばれ、食べさせるお餅を「五十日餅(いのかもち)」と呼んでいました。やがて、五十日のお祝いが百日になり、鎌倉時代には餅から魚肉に変わり、「真魚初め」と呼ばれるようになりました。その様子が『平家物語』や『源平盛衰記』などに書かれています。『吾妻鏡』には、源実朝が生後百十日目にお食い初めをしたという記述も残っています。初めて箸を使うので「箸揃え」「箸初め」「箸立て」とも呼ばれていました。そして、室町時代に書かれた『河海抄〔かかいしょう〕』に「冷泉天皇の生後百日後に御餅を供す」と記されており、この風習が「食い初め」と呼ばれるようになったそうです。

昔は衛生面や栄養面も良くなく、無事に育つことが大変難しかったので、さまざまな節目で赤ちゃんの成長を祈る儀式やお祝いが行われてきました。このように歴史を重ね、生後100日頃にお祝い膳をこしらえ、お祝いするという伝統が今に伝わっています。お祝い膳は、日本古来の献立「一汁三菜」が基本とされてきました。鯛など尾頭(おかしら)つきの魚と、赤飯、吸い物、煮物、香の物が献立となります。また、生後100日前後は、早い子ですと乳歯が生え始めることから、「歯固めの石」を用意し、丈夫な歯が生えるようにという願いを込めます。

献立の内容は、地域で特色も多く、地方ごとの名産品が加えられたりと様々ですので、必ずこうしなくてはいけない、というものではありません。我が家なりのお祝いをして、赤ちゃんのこれからの健康と幸せを願ってあげるのが一番です。

お食い初めはいつ、だれとやるの?

一般的には、お食い初めは赤ちゃんが生まれてから100日目に行うといわれていますが、地域によっては110日、120日目などに祝うところもあります。120日を過ぎてお祝いすることを「食いのばし」といって、長寿を意味することもあるようです。その日にお祝いしなくてはいけないということはありませんので、赤ちゃんの成長や体調を考えて日を選びましょう。100日が過ぎた後の土日や、大安吉日で行う家庭が多いようです。

お食い初めは、ご夫婦が大変忙しい時期に行うこともあり、近年ではささやかに家族水入らずでお祝いすることも多いようです。昔はその家の一番年長者の祖父母が、最初に赤ちゃんの口に箸を持っていく習わしでしたが、それは同じ屋根の下に大家族が住んでるのが当たり前の頃のことです。あまり形式にこだわりすぎず、それぞれの家庭に合ったお祝いの仕方で構わないでしょう。

> トップページへ戻る

お食い初めの儀式をご自宅で簡単に

面倒な準備も不要!儀式に必要なものが全て揃ったお食い初め膳はこちらから

お食い初めとは?

お食い初めとは
お食い初めの石、歯固めの石
お食い初めの食器
お食い初めの祝箸
お食い初めの服装と記念写真

お食い初めのやり方

お食い初めのやり方

お食い初めのメニュー・献立

お食い初めの
メニュー・献立
お祝い膳.comの鯛
お祝い膳.comの赤飯
お祝い膳.comの蛤のお吸い物

自宅で作れるレシピ

自宅で作れるレシピ
鯛めし
アクアパッツァ
鯛そぼろ
潮汁(うしおじる)